レーシック
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Sponsored

twitter

3D球体タグクラウド

アクセス上位コンテンツ

携帯用QRコード

月別アーカイブ

カテゴリ

フィードメーター

SEO

あし@

まどろむ中で

「ちろ」の鬱病ブログ。微睡む中で...

プロフィール

ようこそ、まどろむ中でへ。私は最初はパニック障害、そして鬱病になり15年が経ちました。この間、双極性障害や統合失調症等様々な病名をつけられました。実際今も何病なのかははっきりしていません。何病でも良いので早く苦しみから抜け出したいと思っています。このブログではほとんどネガティヴな発言しかしませんが自殺とかリスか等という言葉は出てきませんのでご安心ください。   >゜)))彡    <゜)))彡     >゜)))彡    <゜)))彡・・・┏(l:)彡

go page top

 

スポンサーサイト

--.--.--/--/--:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ: スポンサー広告
tb: -- |  cm: --
go page top

 

叔父の死に思うこと

2008.12.18/Thu/15:55:15

おそらく叔父は親族の中で社会的に一番出世した人物だった。

そのが残念なのはその事と関係あるのかないのかわからない。

叔父は楽しく充実した生活を送ってきたと思う。

その華やかさがという旅立ちと結びつかない。

叔父は最後の数ヶ月はについて考える時間が長かったと思う。

それは少し残酷なことでもあるのかもしれない。

人は生まれた瞬間から寿命が減っていく。

元気で病気もない人でも寿命には逆らえない。

言わばという砂時計をひっくり返すのだ。

僕は子供の頃から砂時計を見つめながら生きるようになった。

小学生の頃にはについていろいろ考えていたと思う。

死について考えることと考えないことのどちらが幸せなのだろう。


けい

にほんブログ村 メンタルヘルスブログへ
カテゴリ: 未分類
テーマ: 死。
ジャンル: 心と身体
タグ:   寿命  砂時計 
go page top

 

この記事に対するコメント

go page top

 

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

go page top

 

トラックバック

トラックバックURL
→http://madorom.blog75.fc2.com/tb.php/25-56a80b9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。